スマホでもできる!eラーニングの使い方のコツとは?

考えさせるより理解させるのに有用

社員研修の中で社員にどのような教育を施したいかによって方法を選ぶことが肝心です。eラーニングは社員研修の方法として着目され、多くの企業が導入するようになりましたが、使い方には気をつけなければなりません。eラーニングは基本的には考えさせることよりも理解させることに優れている研修方法です。社員が一人でテキストを読んで内容を理解し、その確認のためのテストを実施するという形式だからです。ケーススタディーをしたり、企業理念を伝えたりする研修にはあまり適していませんが、社内規定や法律上の規制事項などについて理解を促すのには最適な社員研修の方法になります。繰り返し受講させることで理解を定着させることも簡単なのはメリットです。

スマホでもできる社員研修

eラーニングは社内システムやクラウド上にあるシステムにアクセスできる状態であればいつでも受講することが可能です。この特性を活用することもeラーニングの使い方として重要になります。外勤が多い職場や出張の多い職場の場合には人を集めて研修を行うのが難しく、社員研修を行いたくてもタイミングを揃えるのに苦労しがちです。しかし、スマホでさえ受講できるeラーニングならいつでも実施することができます。特に急を要する状況での研修での油溶性は高く、eラーニングを受講する必要があることを伝えるメッセージを社員に送って受講を促すだけで実施可能です。このメリットに着目して運用を開始する企業も多くなってきています。

社員研修では、新たな知識や仕事に対する心構えなどを身につけられるため、社員のモチベーションアップに役立ちます。