フリーランス必見!青色申告を知って、上手に節税しよう

「青色申告」は確定申告に必要

一年間の所得をもとに、所得税を計算・確定する制度のことを、確定申告といいます。

そして「青色申告」は、確定申告をするために必要な所得を計算するための手段のひとつなのです。

「青色申告」と「白色申告」のちがい

所得を計算・申告する制度には、青色申告と白色申告の2種類あります。

白色申告は簡単な帳簿づけで良いので、まだあまり収入が多くない人や、簿記に自信がない人にも優しい制度です。

青色申告は、事前に届け出をした上で、複式簿記の帳簿をつけて所得税を計算する制度です。こちらは所得に応じた控除などの特典があるため、お得に節税する事が出来るんです。

青色申告の方法・手順

青色申告をするためには、開業から2カ月以内に「青色申告承認申請書」の提出が必須になります。国税庁のHPから書類をダウンロードするか、税務署の受付に直接相談に行きましょう。

さて、申請が終わったら、確定申告の時期まで何もしなくてヨシ…なんてことはありません!

青色申告で大事なのは、日々の帳簿付けなのです。確定申告までに記録が揃えばいいので、必ずしも毎日おこなう必要はありませんが、あとで慌てないためにもこまめに記録していきましょう。

青色申告の申請と、日々の帳簿付け。それらをしっかりおこなった上で、青色申告決算書をつくり、年度末の確定申告で確定申告書と一緒に提出します。

会計ソフトで、時間も税金も上手に節約しよう

青色申告をしたいけど、簿記の知識がなくて不安…そんな方には、会計ソフトの仕様をおすすめします。用意してあるフォーマットに従って入力していけばいいので、簡単に帳簿付けをしていくことができますよ。

ぜひ自分に合った会計ソフトを見つけて、青色申告に役立てましょう。

青色申告とは、複式簿記にもとづいて取引を帳簿に記録し、その記録をもとに所得税を計算して申告することです。申告ができる所得は、不動産所得、事業所得、山林所得の3所得です。