素直に答えた方がいいの?適性検査の対策法

適性検査を行うメリット

現在、多くの企業が採用しているのが適性検査です。

求める人材というのは企業によって異なり、真面目な人が良いと考える企業もあれば、明るく社交的な人が良い、ストレスに強い人が良いと考える企業もあります。採用時に適性検査を行い、その結果を確認すれば、その時点で応募者をある程度の人数までに絞り込む事が可能となり、時間や人件費の節約に繋がります。

適性検査を受ける時には

例えば、営業職であれば明るく前向きでストレスに強い人材、事務職であれば真面目に仕事をこなす人材等、希望職によっては企業が求める人材像について、ある程度予測ができる事があります。

この場合、多少嘘をつく事になっても、企業が求める人材像に合わせた答えをする方が良いと考える人も多いでしょう。勿論、その時点からその人材像に近づく努力をすれば、それは嘘とは言い切れません。ただ、中途半端な嘘をつくと、不自然なグラフになるので注意が必要です。

適性検査の答えというのは

適性検査で嘘をつく為には、複数の質問の辻褄を合わせていく事が必要になります。素直に答えれば、答えに対する矛盾が少ない状態になるのに対し、中途半端な嘘をつくと矛盾だらけの状態となってしまいます。

そして、場合によっては嘘をついた事によって、企業が求める人材像から更にかけ離れてしまう事もあるでしょう。それだけに、必要以上に嘘をつく事はおすすめできません。

企業が求める人材になりたいのであれば、適性検査の時点で嘘をつこうとするよりも、応募の前から自分の性格や考え方を変える努力をしておく方が良いでしょう。

適性検査とは、職業や学問の能力を判定する検査です。たくさんの応募から学生の素質を効率よく判断できるため、企業の就職試験では、必ず行われます。