パソコンを使うなら備品などの予備を用意しよう!周りの様子も見ながら行おう!!

パソコンなどを使うなら予備を用意する

会社の商品やサービスを紹介するために展示会を開くときがあるでしょう。独自に行うときもあれば、業界が行う展示会などにブースを出すときもあります。物の紹介であればそれを持って行けばいいだけですが、パソコンを使ってサービスの内容を案内したり、仕組みを見せたりするときがあります。当然その時にはパソコンやその他の周辺機器が必要になります。パソコンは、ちょっとした部品がなかったり異常があると使えなくなります。ケーブルが断線したり、マウスが反応しないなどはよくあります。必要な設備の他に、一定の予備も用意しておくと良いでしょう。会社が近ければ道具を取りに戻れますが、離れていると戻るのに時間がかかります。開催中にトラブルが起きる時もあるので、いくつか予備があると安心です。

ブース出展時は他の業者との兼ね合いを考える

展示会を独自に行うとき、その会場は自社の関係者しかいません。計画通りに荷物を運びこみ、設営などをすればいいでしょう。それ以外に業界などが開催する展示会への出店があります。各社ブースが与えられ、そちらに必要な設備を設置してお客さんを迎えます。展示をする側からすると、事前に設置をしておく必要がありますが、すべての業者が一度に会場に設営しようと大変です。主催者側から時間をずらして設営するような指示もあるでしょうが、周りの業者への配慮も必要になります。大きな荷物があるなら早めに中に入れておいた方がいいでしょうし、配線などが必要な時にはその準備も必要になります。隣の業者の状況を見て、当日に変更を加えるなどもあります。

各地にて行われる展示会ですが現地会場での展示会の施工、各ブースは現地会場に精通した業者がおすすめです。事前にブースのアイデア案等を数社相見積もりを取り決定する事がおすすめです。